2016.7.16 青根キャンプ場

2016.7.16 青根キャンプ場

キャンプ最盛期、友人に誘われて青根キャンプ場でバンガロー泊へ。
子供が2歳でまだ夜泣きがあるのでテントが直でとなりになりそうなキャンプ場は今までできるだけ避けていたのだけれど、
3ファミリーでバンガローを2つ予約、女性男性に分かれて寝ようという計画です。

このキャンプ場のオートキャンプは8:00チェックインなのだがバンガローのチェックインは13:00。
ウチは早めに家を出て渋滞の中なんとか13時過ぎに到着。
すると、うわわ。。。

オートキャンプの人たちでサイトがパンパンじゃないか。。。
このキャンプ場は区画がなく早いもの勝ちでスペースを確保することができるため、
団体系のオートキャンパー達がタープを複数連結して場所を陣取っていて、
後から来た我々は椅子を置くスペースもないのだ! ピンチ!
後から来たバンガローの人も行くところがなくて路頭に迷っている人が続出。

チェックイン時にタープを張る為追加料金を払っているし、
タープは間違いなく張る場所はないにしろ、大人6人分の椅子とBBQコンロくらいは出したいので、、(泣)
受付に場所が全くないことを伝えると、、タープ代は返金してもOKとのこと。。
張れないのにお金とられても困るけどね。

受け付けからの解決策としては、、川辺まで階段で降りてサイト設営してもOK。しかし夜は完全撤収で、とのこと。。
酔っ払ってサイトを夜に完全撤収とか無理だし暗いし危ないだろが! しかも夜に川の水が増水したらどうすんだろ。
しかも川辺まで降りる階段はこれ! 夜中ここをタープとかBBQコンロ、テーブル運ぶの無理やろw

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-14-46-02

1時間ほど場所がないか探していると、キャンピングカーでサイトを作っている方の後ろが少し空いている!
キャンピングカーの側面にタープを出しているので、反対側は空いているのだ。
場内の道路とキャンピングカーの側面の間のスペースだし、
こんなところに入られたら先方もいい気はしないだろうなと思いながらも他に椅子を出すスペースもないので、
この方に相談させてもらいなんとか大人6人分座るスペースと焚き火台テーブルを出すことができました!
やさしい方で助かりました。

なんとかスペースを確保できたのですが、場内の主要な道路横なので真横を度々車が通っていく。w
そしてごっつい常夜灯が点いていて夜になると超明るくて虫がブンブン。 うーん。。
虫を食べに来たのかでかいヒキガエルが登場したのは生き物好きとしていは少しうれしかったかな。。(女性は悲鳴)
後から来た隣のバンガローの方は芝生の斜面に椅子を置いて落ちそうになりながらバンガローと斜面の間でBBQやってました。
バンガローによってはまん前に小さなスペースがある棟もあるんですがねぇ。ウチのはゼロ。

青根キャンプ場はスーパー銭湯級の温泉も併設しているし都内からのアクセスも容易。
ゆったりサイトを使えたら最高なんだろうけど、、なんだかなぁ。。
友人に誘われたとはいえキャンプ最盛期のバンガローは絶対NGのキャンプ場。がっかりです!
再訪するんだったら10月以降、6月以前の普通の土日かな〜