2014.08.13 金沢漁港 仁丸

2014.08.13 金沢漁港 仁丸

東京湾タチウオ今年はなかなかいい感じですね。
タチウオはお刺身で皮が気になるので少し炙ると美味しいですよね♪
我が家ではガスボンベに装着してすぐに使えてるガストーチを使ってます。
キャプテンスタッグはこういった使える小物が多くて便利です!

タチウオのお刺身の皮目を炙ってカボスを数滴たらして、、なんて考えながら、
金沢漁港に向かいましたが夏休み中ということもあって忠○丸はパンパン状態!
船長さんもテンパっているのか態度が悪く残念な感じ。w
雰囲気良くないし、佐島のかねきでも寄って飯食って帰ろうなんてことになって漁港を出ようとした所、
仁丸のおかあさんから、空いてるからウチで乗って来なよとのお声かけが。

仁丸は乗船料6500円。8時〜13時で他の釣り船より少し遅い時間設定。
船長は言葉数は少ないですが、やさしくていい人です。そして、ゆったり釣らせてくれて最高!
釣りものは鯵五目になりましたが、のんびり釣りを楽しんできました。

釣り始めて2時間ほど経った頃、
横須賀沖で釣りをしていると、U.S.navyと書いてある米軍の船二隻が仁丸に近寄ってきました。
10分くらいしばらく何もせずに近くにいただけなのですが、急に警告音をならして接近!
こちらに向かって英語で、IDを見せろと言っています! おれ釣り客なんだけど。。w
1時間弱ほど釣りは中断され英語も全く聞き取れないので、
ホバリングして待っているだけという謎の時間を過ごしていると、、
しばらくして海上保安庁の船がやってきて船長にいいました。

海上保安庁「ここのルールわかってますか?」
船長「わかってます。岸から50m以上離れること。近づいてません。」
海上保安庁「50m近づいてなくても、向こうは気にするから!」
船長「・・・・」

始めは船長がなんかルール違反をしたのかなと思ってたんですが、
確かに50mにも入っていないし、なんなら200m以上は離れてたし。。
気にするからっていう理由も意味不明で、
それならいっそのこと立ち入り禁止にして欲しいですよね。w
海上保安庁からも米軍にルールは守っていますとはっきり言うべき!
あたりまえの様に英語で話してくる米軍の態度が全てを表しているかもしれません。

そんなこんなではありましたが、
最終的に鯵、サバ、シロギスを釣っての帰港。
色々あったためか船長が帰り際にこれ持って行ってと、
30cmほどの活マコガレイを乗船者全員に配ってくれました。
帰宅後捌いて20時に夕飯。子供産まれてからは家しっぽりが定番です。

・浅〆しめ鯖
・マコガレイの浅こぶ締め薄造り
・シロギスの白糸造り
・鯵の洗い
・アジフライ、サバの立田揚げ、マコガレイの骨せんべい
・鯵のつくね汁

満点青空レストランでやっていたので鯵を洗いにしてみましたが、
洗わない方がうまいかもなぁ。w
やるならやはり脂の乗ったブランドアジなのだろうか。
鱸の洗いなんかは美味しいのにね〜。